訪問看護ステーションの特色

病状や療養生活を専門家の目で見守り、適切なアセスメントに基づいたケアと

アドバイスで、自立した生活を送れるよう支援します。

◆緊急の場合にも対応します(要契約)

 24時間・365日、相談に応じます。

 急変時にもかかりつけ医と連携し、症状の観察、緊急の処置などを行います。

 

◆医療機器をつけた方の療養を支援します

 経管栄養、在宅酸素療法、吸引、在宅点滴注射、人口呼吸器等の

 医療処置が必要な方の在宅療養を支援します。

 

◆自宅への退院を支援します

 病院と連携し、入院中から在宅生活の不安の相談にのり、

 自宅への退院をスムーズに行う支援をします。

 

◆安らかな死・ターミナルケアを支えます

 住み慣れた家で最期まで過ごせるように、医師の指示による

 疼痛管理や症状緩和などにも適切に対処し、心のケアも行います。

 ご家族とともに看取りをします。

 

◆医療と介護の橋渡しをします

 さまざま在宅ケアサービスの使い方をご紹介したり、

 要介護認定申請、更新申請のお手伝いをします。

 

◆介護予防に力を入れています

 糖尿病の悪化や寝たきりになるのを防ぐほか、拘縮予防や機能の回復、

 嚥下訓練、ベッドや車椅子、介護用品の相談なども行っています。

 

◆医療保険・介護保険の双方に対応できます

 医療保険・介護保険の両方のサービスが同じステーションで引き続き

 受けられます。

 必要な場合は、他のステーションや医療機関の訪問看護を併用することも

 できます。

 

◆ご自宅以外でも受けられます

 看護師の訪問は、地域にあるグループホームや特定施設、特養ホームの

 ショートステイなどにおいても、医療と介護の連携を強め、一定の場合

 に受けられます。