がんになったら

自分ががんになったらどうしますか?今の日本では治療法を自分で選ぶことができます。一般的な治療は、外科的に取れるものはまず手術、その後がんをすべて取り除いたとしても放射線や抗がん剤で治療や予防をすることになります。当たり前のように抗がん剤を受けますね。抗がん剤が何でできているかご存知ですか?調べてみてください。抗がん剤治療がいよいと効かなくなってきたら、「もうすることはありません」と医師から告げられるのです。告げられるほうもつらいですが、何もできない、医師も非常につらい、断腸の思いで告げるのです。すべての医師がそうかどうかはわかりませんが告げるタイミングを計っているうちになくなってしまうということもあるようです。この一般的な治療をしない医師が増えています。なぜだかわかりますか?一般的な治療は「副作用」があまりにも多すぎるから。断腸の思いを経験した医師たちが試行錯誤してつらくない治療法を考えています。早いうちに、がんとわかったらすぐに、そういう治療を受けることをすすめます。

0 コメント

二人に一人がガンになる時代

最近私の周りに、「がんになった」という人が増えています「あなたもなの?」って言ってしまうほどに、それも中高年、いよいよ二人に一人?と思ってしまいます。前回の大阪府医師会の先生のお話のように患者はどんどん増えているのに病床がおっつかない現状。急性期病院での入院日数はどんどん減少しているにもかかわらず退院した後行くところがない。まだまだ「シャンティーめぐみ」のようなところ、そうでなくても在宅に近い療養施設がまだまだ必要ですね。団塊の世代の方々、あなたの終の棲家はありますか?どこですか?

わたしは訪問看護師がもっともっとがんばって、「ホームホスピス」を全国に広めていってほしいと思っています。企業が作るのではなく、訪問看護師がつくらなくては

0 コメント

今後の取り組み

地域における医療及び介護の総合的な確保を推進する為の関係法律の整備等に関する法律案

「地域包括ケア推進室の設置について」は日本医師会のホームページを参照してください。

まとめ

地域に暮らす患者の状態は、それぞれに異なる。我々医療提供者は、多職種と連携しながら患者の状態にあった医療・介護を提供できるよう、地域包括ケアを推進する。患者に医療が必要な場合、速やかに医療を受けられることが重要である。かかりつけ医と訪問看護ステーション・訪問看護師が連携し、必要な医療を提供することが、安心安全なまちづくりに不可欠である。

さあ、これからも一緒にがんばりましょう。

4回に分けて大阪府医師会副会長のお話を書きました。非常に参考になりましたね。

0 コメント

看取りの場所の確保が今後必要

1976年に在宅死の割合と医療機関等での死亡の割合が逆転。2007年時点での医療機関死亡者数、介護施設死亡者数、自宅死亡者割合、その他の死亡者数のまま推移すると、2040年には約49万人分の看取りの場所が不足する見込み。(2007年までは「人口動態統計」2008年以降は「将来人口推計」に基ずき推計 中医協「わが国の医療についての基本資料」)

介護施設の病床数の伸びは、高齢者人口の伸びに追い付いておらず、高齢者の受け皿」はいまだ不十分である。

0 コメント

日本人の死亡場所の推移

現在での死亡場所として、病院・診療所・介護老人保健施設・老人ホーム・自宅などがあげられる。自宅看取り率は2004年約14%、現在は30%に増加している。在宅医療を必要とするものは平成37年には29万人/日と推定され、平成23年より約12万人増えることが見込まれる。終末期の療養場所に関する希望調査では、60%以上の国民が「自宅で療養したい」と回答している。(人口動態統計)

0 コメント

崩壊する高齢者の医療

4月26日大阪府看護協会で大阪府訪問看護ステーション協会の総会がありました。そこで大阪府医師会副会長の話が大変興味深かったので何回かに分けて書いてみます。

高齢化によって医療需要は高まり、必然的に医療費も増大する。しかしながら、国際的にみて、日本は高齢化が最も進んでいるにもかかわらず、これまでの医療費の水準は低く、医療への財源投入が過小である。医療費の伸びが低く抑えられたままでは、医療の質や国民の医療へのアクセスに対する悪影響が懸念される。首都圏をはじめとする都市部において、今後急速に75歳以上の人口が増える。大阪府では2010年83.3万人が2025年には150.5万人と15年で2倍近く増加する。(第6回社会保障制度改革国民会議)高齢者への介護サービス量の増加が見込まれるとともに、高齢者の「住まい」の問題等への対応が不可欠になる。

0 コメント

お花見

快晴の4月2日、万博記念公園へお花見に行ってきました。

シャンティー始まって以来、初めての外出イベントです。

ご家族も参加してくださり、総勢15名でのお花見ツアー。

利用者様が桜を見ながら、楽しく、ゆったり過ごせるよう、下見や打合せを何度も繰り返しました。まさに万全の体制での外出です。

 

万博は桜で満開!!人も溢れていました。

下見した場所にシートを広げ、お花見を満喫。

子どもたちが声を上げて遊んでいる姿、民族衣装を着て踊っている人達、その場にいるだけで賑やかさを味わうことができました。

 

いつもは食の細い利用者様もお弁当に舌鼓。

屋外でのお弁当は、雰囲気をとても盛り上げてくれますね。

 

満開の桜の下、桜と気持ちのよい風と、暖かい陽の光を、体いっぱいに感じてきました。

0 コメント