看護ホスピス めぐみの家          


生と向き合い

居たい場所を自分で選びたい

あなたのもう一つの家として

看護ホスピス めぐみの家は存在します

 

めぐみの家は・・・

・介護保険法に基づく、【特定施設入居者生活介護】の指定を受けない

 住宅型間借り方式の一般賃貸住宅です。

 (建築基準法的には、寄宿舎、今風にはシェアハウス)

 

・入居者は、がん末期またはALSなどの神経難病で積極的治療が終わり、

 医療処置の必要な方。

 

・24時間看護師とヘルパーが常駐している。

 

・賃貸住宅なので、在宅とまったく同じように介護保険・医療保険を利用できる。

人間は遊ぶ生き物だ(ホモ・ルーデンス)

・この定義を念頭にCare&Cureに当たると、自然とゆとりのある癒しの世界で

 穏やかな最期を迎えられると考えています。

 

・人間が最期に熱心に取り組みたいのは、治療や生活や安全ではなく、笑う、歌う、酒を飲む、

 美味しいものを頂くといった、いかに遊んですごして生き切るかかという事ではないでしょうか?

 

・治療や看護・介護から視野を広げずに満足死は望めません。

 この遊びに着目することで「めぐみの家」らしさが出せるんじゃないか?

 

・遊びは、ゆとりのことも形容する。 心の遊びをプロとして意識し、

 プロとしてどう遊ばせてあげられるかを本気で考えます。


そこで、「看護ホスピスめぐみの家」ではいろんなイベントを考え、入居者様と共に遊び、幸せや愛されているという思いを持っていただき、一つでも多くの望みを叶える時間を過ごしていただいています。


ごあいさつ     ■理念    ■ご案内・流れ   ■概要・費用  

ギャラリー        ■アクセス