なぜ、家にこだわるのか

かつて人間は「家」で生まれ「家」で死にました。それがいつからか「病院」で生まれ、「病院」で死ぬようになりました。しかし、最近では急性期病院が増加し入院期間が短くなり追い出されるかのように退院します。かつての医師はモルヒネを用いて痛みの緩和を図り、発熱に対しては冷たいもので体を冷やし患者の安楽を図り、死にゆく人の傍らに寄り添って、孤独と死の恐れを癒そうとしました。それをここでは看護師が行っています。