在宅ホスピスケアとは

患者様の生活の場である「家」において実施されるホスピスケアのことをいいます。「家」は患者様や家族様が最も和らげる場であり、自分たちの意思を最大限実現できる場所です。従って在宅ホスピスケアは、最後の日々を家で過ごしたいと願う患者様や家族様を援助して、その希望を叶えるためのケアです。在宅ホスピスケアの実施にあたっては、患者様と家族様の理解と同意を最も重視します。在宅ホスピスケアを受けている患者様は、いつでも自由に、施設ホスピスケアへの移行や延命を目的とした治遼への変更を希望することができます。ケアに携わる医療者は、そのような患者様の希望を最大限尊重しなければなりません。