シスターが帰ってきました

気管切開の手術のため入院していた、シスターが帰ってきました。
本人の許可をもらっているので、しばらくこのシスターの話をします。
シスターはALSという難病です。このシスターの希望は、神に身をささげるとともにこの難病の研究のために身をささげる事です。ですからシャンテイーめぐみに入居された時は人工呼吸器を使っていましたが気管切開はしていませんでした。気管切開をせず、自然に最期を迎えて解剖すること、そのために入居されました。