熊本へ行ってきました

11月23日から3日間熊本「阿蘇国民休暇村」で日本財団の助成をいただいて「ホームホスピスの仲間たちの報告から 暮らしの中で死にゆくこと」ホームホスピス全国合同研修会に参加しました。社長と私二人で参加しました。

23日は、熊本保健科学大学で、基調講演は「自然死のすすめ」としてあの「大往生したけりゃ医療とかかわるな」の著者であり、年寄りの最後の大事な役割は、できるだけ自然に死んでみせることと、おっしゃる中村仁一医師でした。その後シンポジウム「暮らしの中で死にゆくこと、ホームホスピスの活動」でした。