二人に一人がガンになる時代

最近私の周りに、「がんになった」という人が増えています「あなたもなの?」って言ってしまうほどに、それも中高年、いよいよ二人に一人?と思ってしまいます。前回の大阪府医師会の先生のお話のように患者はどんどん増えているのに病床がおっつかない現状。急性期病院での入院日数はどんどん減少しているにもかかわらず退院した後行くところがない。まだまだ「シャンティーめぐみ」のようなところ、そうでなくても在宅に近い療養施設がまだまだ必要ですね。団塊の世代の方々、あなたの終の棲家はありますか?どこですか?

わたしは訪問看護師がもっともっとがんばって、「ホームホスピス」を全国に広めていってほしいと思っています。企業が作るのではなく、訪問看護師がつくらなくては